三重県社会就労センター協議会研修会 2016/6/25

6/25に三重県社会就労センター協議会研修会がサンフラワーガーデンで開催されました。

株式会社 百五経済研究所の森里 大氏に「就労系施設を駆け巡って感じたこと、期待すること」をテーマにお話をして頂きました。

三重県の障がい者工賃向上計画支援事業を委託された森里氏の4年間の取組みについて、色々とお聞きすることができました。

経済、経営のプロからの視点から就労系施設がどの様に見えていたか、忌憚のない意見は非常に参考になりました。

思い通り物事が進まずに大変な苦労をされた話もありましたが、成功事例では良いモノを作る事が出来れば、信用や信頼に繋がり、大きな成果を上げることが出来るという話もありました。

内職的な仕事を継続する事も大切ですが、未来を見据えた仕事への取組みや工賃向上に繋がるような単価交渉、自主製品のブラッシュアップも大切だと感じました。

日々の仕事では、福祉的な視点だけで物事を見たり考えてしまう事が多いので、全く違う分野で活躍されている方のお話は良い刺激になりました。さらに研修に参加されていた施設の自主製品の展示や販売もありました。他施設の方々とのコミュニケーションも良い情報交換の機会となりました。

私たちも出来ることから、少しずつ取り組んでいこうと思います。

森里様、参加された皆様、ありがとうございました。